2019年活動報告

数ヶ月にわたり更新が止まっておりました

この間に、「(仮称)桜本学会」は、「川崎在日コリアン生活・文化・歴史研究会」と名称を定めて活動して参りました。きちんと活動していたのに、何も残らないのはもったいないことですので、この一年を振り返り、活動内容を一覧にまとめました。

画像クリックで拡大します。
ファイルは↓からダウンロードできます

夏のワークショップで作成された、第二次大戦直前・戦中における川崎市と鶴見区の在日コリアンに関する新聞報道データベースは、とくに大きな成果だったと思われます。

来年は聞き書き記録をまとめる作業に進展のある年にできればよいですね。