test

2016 年 12 月 9 日 edt01sz Comments off

ハルモニのマダン劇「故郷の春(こひゃんえぽむ)」

9月10日開催

渡日史、戦中戦後の生活史を劇や歌、踊り、語り作文絵 紙芝居などでつづりました。

報告感想文集あり 希望者ご連絡を!

トラヂ会ミニ文化祭

2016 年 12 月 9 日 edt01sz Comments off
マダン劇「故郷の春(コヒャンエポム)」

マダン劇「故郷の春(コヒャンエポム)」

ウリマダン(識字学級)で、松餅(ソンピョン)作り

2016 年 2 月 1 日 edt01sz Comments off
「あんこがでてしまった!」
「あんこがでてしまった!」

ハルモニたちの識字学級は、2015年の4月からはウリマダン(私たちの広場)と名を変え、続けられています。

活動の中心が、自分の想いや、生活史などを描きとどめることに変わりはないのですが、絵を描くことにも熱が入り、加えて最近は、もっと楽しいことを!ということで、みんなで昼食を作って食べたりしています。

1月20日(水)には、ハルモニが料理の先生になってソンピョン作りを楽しみました。

米粉を塩を入れたぬるま湯で捏ねるところから始め、ハルモニたちがそれぞれの故郷でやっていた伝統的な作り方を指導してくれました。よくよく捏ねた粉を手に取って、又手の中でぐにゅぐにゅ握って捏ね、中身(あんとゴマを蜂蜜で合えたものの2種類)を入れて形作ります。(形は、地方によって違うようで、今回は江原道とソウルの形を教わりました)

松葉を敷き詰めた蒸し器に入れて蒸かします。(松葉を調達してくれた人があり、本格的になりました)

30分くらい蒸かして、完成!   出来立てのソンピョンは最高!

この日の献立は、他にキムチチゲ、イカの即席シオカラ、大根サラダ、ケーキ(ハルモニの手作り)、もちろんキムチもあってとても豪華でした。

ウリマダンでの昼食づくりは、最近は、みんなが気働きができるようになり、料理作りの間、誰一人として傍観者で手持ち無沙汰と言うことがなくなりました。それには、料理担当者のやり方が、自分のやり方と違っても口も手も出さないとか、自分の担当の料理に手が足りないときには、手伝ってもらい、そこは任せるとか、みんなが楽しく働けるコツが分かってきたのです。

入所施設から通ってくるKさんは、立ち上がっての料理は無理ですが、椅子にすわったままで、見事に大量の大根を刻んでくれて、皆もその腕を褒めまくり、その腕を日常では全く生かせないというのはもったいないと残念がっていました。

因みに、キムチチゲ担当のハルモには89歳、他の人も似たり寄ったりの年齢。みな、「普段、家で作って食べるのと違って、自分が作った料理の味をみんなが褒めてくれて、一緒に食べるのは本当においしい!」と口をそろえていいます。

「次はいつ料理するんですか? もっと、たびたびやりましょう!」

カテゴリー: 2 ウリハッキョ, 未分類 タグ:

「川崎南部,在日コリアンの生活史を市民の宝物に!」

2016 年 1 月 20 日 admin Comments off

川崎市は、戦争の展開とともに工場労働者の街を形成し、戦後も朝鮮戦争特需により復活、高度成長を支える働く者の街として成立しました。そして、関東では有数の在日コリアン集住地域を形成し、関東域の在日コリアンの自助互助の発信基地及びセイフティネットとして機能し、地域の日本人民衆と、庶民としての共感と反感の生活史を刻んできました。

川崎市に住む私たちが、そこに暮らす人たちの生活史の中から学ぶ課題は大変に大きいものがあります。しかし、十分に情報発信が取り組まれることなく戦後70年の今を迎えています。

川崎南部、名所旧跡はないけれど、汗水たらして働き、川崎の発展、日本の発展を支えてきた密度の濃い現代史があります。この事業を通じ、学びと交流を深められたらと思います。

川崎南部の生活史をたどるフィールドワーク

申込み・問合せ ℡0442882997

◇第1回12月22日(火)12時~15時  定員10名

11時半~     地域史の概要と地域活動

12時半~13時半 在日高齢者交流クラブ「トラヂの会」参加、会食(300円)

13時半~15時  地域フィールドワーク

◇第2回2月6日(土) 13時~16時  定員20名

13時~      地域史の概要

14時~16時   地域フィールドワーク

川崎のハルモニの味 「チャリティーキムチ」販売

川崎南部ハルモニが伝える民族の味「キムチ」

何もない時代も、味を守り育てていた素朴な在日高齢者のキムチのチャリティー販売を行います。

毎月1回程度、先着30名 ¼株700円

(収益は障がい者、高齢者の就労支援に充てられるほか、基金に100円が寄付されます)

協力機関(受付、引き渡し)本日より、2か所で受け付けます。先着30袋

■メサグランデ(武蔵新城)    ℡0448729795

12月は18日(金)引き渡し

■ほっとスペース「マナ」(桜本) ℡0445893108

12月は、25日(金)引き渡し

1月以降は、それぞれに お問い合わせください。

在日高齢者交流クラブ「トラヂの会」ミニ文化発表会

申込み・問合せ ℡0442882997

2月20日(土)12時~ 屋台 ミニ生活史展

2時~4時「花はんめ」上映会

4時~5時 トラヂの会 発表会

カテゴリー: 7 今後の活動予定, 未分類 タグ:

再開します。2000人ネット情報発信!!

2015 年 12 月 21 日 admin Comments off

ここ5年ほど、情報の発信が滞っていました。

たいへんに申し訳ありません。

事務局機能を整え、在日高齢者とつながり、コリアンな街 かわさき。コリアン集住地域で営まれてきた生活史をみなさんと共有していきたいと思います。

この5年間、地域での活動が進められていなかったわけではありません。発信が後回しになってしまっていましたが、川崎南部、どっこい生きてきた在日コリアン高齢者の生活の積み重ねをしっかり地域史としてとどめ、その土台の上に,共生の地域社会づくりに寄与したいと思います。

まずは、空白の5年間の足跡を、ランダムに少しづつ発信します。協働の場も呼びかけていきます。よろしくお願いします。

カテゴリー: 7 今後の活動予定 タグ:

2015-12-18 manna

2015 年 12 月 18 日 edt01sz Comments off

testhhhhhhh

カテゴリー: 未分類 タグ:

「コリアンな街」かわさき まとめ作業会議

2010 年 7 月 1 日 edt01sz Comments off

今年度2000人ネットワークの柱 「コリアンな街」かわさき まとめ作業会議を下記開催します。

7月13日(火) 午後1時~3時 ふれあい館x

カテゴリー: 7 今後の活動予定 タグ:

歴史を旅する

2010 年 7 月 1 日 edt01sz Comments off

在日一世の労働を学ぶ

 

フィールドワーク そのⅡ 静岡

 

722()23()

 

 差別と戦争の語り部として活躍するハルモニの中から、伊豆炭焼き(営林所)、沼津東京麻糸、金山の鉱夫の各労働場面を捜し歩き 案内していただき、記憶をたどるたびをします。

 川崎にも3人くらい炭焼き従事の人がいます。炭焼き労働が果たしてきた時代的背景、また、単純労働から、工場労働への戦争産業の労働力対策で、朝鮮人労働の変化を学びたいと思います。

若干名、参加可能です。

 

 旅 費   10000円(宿泊費、移動費、など) 

お申し込み:73日まで

お申し込み・問い合わせ miura@seikyu-sha.com  

主   催:かわさきのハルモニ、ハラボヂと結ぶ2000人ネットワーク

090-9837-2623

カテゴリー: 2 歴史を旅する, 7 今後の活動予定 タグ:

新年度活動打ち合わせ会

2010 年 6 月 7 日 edt01sz Comments off

長く、ご無沙汰していましたが、やっと、今年度事業計画検討会を行ないます。

どこまで、みなさんの力を合わせて 作業が進められるか、検討したいと思います。

今やりたいなと思うこと。(検討課題)

 ①昨年度よりの懸案の地域史のまとめ 秋口出版を提案したい。

 ②聞き書き追加 ・朝鮮寺住職

 ③映像資料化  川崎のハルモニ、ハラボヂが語る「植民地支配の記憶」

 ④追体験のたび 静岡 銀山、炭焼き  徐類順 金福必 金文善?

  2010年度事業検討会 日時  6月15日 1時~3時  ふれあい館

         

カテゴリー: 7 今後の活動予定 タグ:

「ハルモニの書いた絵と習字」展始まる

2010 年 6 月 7 日 edt01sz Comments off

ほっとカフェ ギャラリーで、展示が始まりました。ぜひ、お立ち寄りください。

<ご案内>

ここに展示されている絵と習字は、ふれあい館の識字学級・ウリハッキョ(私たちの学校)で学ぶ、ハルモニたちがかいたものです。

 ハルモニたちは、毎週火曜日、交流センタ-(元幼稚園)に集まり、日本語の読み書きを学んでいます。高齢になってからの学習は、なかなか身につかないと嘆きながらも、自分の名前に始まって、住所や簡単な手紙や作文などが書けるようになった喜びは、なにものにもかえ難いと、地道にコツコツ学びつづけています。

 

  また、ハルモニたちは、月に一回、絵を描いています。絵筆や絵の具を使ったことなどなかったハルモニたちですが、回を重ねるごとに、自信をもって描けるようになり、こんなにも素敵なハルモニワールドを表現できるようになりました。

 習字は、ハルモニたちが厳しくつらかった、自らの人生のいろいろな場面を思い出し、書きつづった文中のキラリ、光るひとことを書きだしたものです。ハルモe5b195e7a4baefbc91ニたちが、学び、表現するe5b195e7a4baefbc92姿から、多くの力と、勇気を与えられます。

e5b195e7a4baefbc93e5b195e7a4baefbc94