ホーム > 7 今後の活動予定, 未分類 > 「川崎南部,在日コリアンの生活史を市民の宝物に!」

「川崎南部,在日コリアンの生活史を市民の宝物に!」

2016 年 1 月 20 日 admin

川崎市は、戦争の展開とともに工場労働者の街を形成し、戦後も朝鮮戦争特需により復活、高度成長を支える働く者の街として成立しました。そして、関東では有数の在日コリアン集住地域を形成し、関東域の在日コリアンの自助互助の発信基地及びセイフティネットとして機能し、地域の日本人民衆と、庶民としての共感と反感の生活史を刻んできました。

川崎市に住む私たちが、そこに暮らす人たちの生活史の中から学ぶ課題は大変に大きいものがあります。しかし、十分に情報発信が取り組まれることなく戦後70年の今を迎えています。

川崎南部、名所旧跡はないけれど、汗水たらして働き、川崎の発展、日本の発展を支えてきた密度の濃い現代史があります。この事業を通じ、学びと交流を深められたらと思います。

川崎南部の生活史をたどるフィールドワーク

申込み・問合せ ℡0442882997

◇第1回12月22日(火)12時~15時  定員10名

11時半~     地域史の概要と地域活動

12時半~13時半 在日高齢者交流クラブ「トラヂの会」参加、会食(300円)

13時半~15時  地域フィールドワーク

◇第2回2月6日(土) 13時~16時  定員20名

13時~      地域史の概要

14時~16時   地域フィールドワーク

川崎のハルモニの味 「チャリティーキムチ」販売

川崎南部ハルモニが伝える民族の味「キムチ」

何もない時代も、味を守り育てていた素朴な在日高齢者のキムチのチャリティー販売を行います。

毎月1回程度、先着30名 ¼株700円

(収益は障がい者、高齢者の就労支援に充てられるほか、基金に100円が寄付されます)

協力機関(受付、引き渡し)本日より、2か所で受け付けます。先着30袋

■メサグランデ(武蔵新城)    ℡0448729795

12月は18日(金)引き渡し

■ほっとスペース「マナ」(桜本) ℡0445893108

12月は、25日(金)引き渡し

1月以降は、それぞれに お問い合わせください。

在日高齢者交流クラブ「トラヂの会」ミニ文化発表会

申込み・問合せ ℡0442882997

2月20日(土)12時~ 屋台 ミニ生活史展

2時~4時「花はんめ」上映会

4時~5時 トラヂの会 発表会

カテゴリー: 7 今後の活動予定, 未分類 タグ:
コメントは受け付けていません。