ホーム > 2 ウリハッキョ > ウリハッキョ日記「チマチョゴリを描き終わりました。」

ウリハッキョ日記「チマチョゴリを描き終わりました。」

2009 年 11 月 19 日 edt01sz
e38381e3839ee38381e383a7e382b4e383aa-e88ab1e5ad90e38381e3839ee38381e383a7e382b4e383aa-e78e89e59fba11月10日(火)と11月17日(火)の2週がかりで、ウリハッキョ生が、チマチョゴリ姿を描きました。
モデルは、共同学習者のHさんが、なってくれました。
一ヶ月に一回、絵を描き始めて、今回で32回になりました。
ということは、ハルモニたちは、これで32のテーマで絵を描いたことになります。
「絵なんて描けない」「筆をもったら、手がふるえる」「難しい、難しい」と言っていたのに、
今では、こんな素敵な絵がかけるようになりました。
絵を描くことなど、自分とは関係のない世界のことと思っていた、ハルモニたちが、
絵を描くことを楽しみにするようになり、絵を描くひとときは、
みんな、上手だ下手だに関係なく、伸び伸び自分を表現できるようになってきたのです。
「チマチョゴリを描きましょう」と話した時、ハルモニたちは「えっ、私たちには無理ですよ」と言いいつつも、「描きたいなあ、描けたらいいのになあ」との想いは、充分伝わってきました。
実行の結果は、ご覧の通りです。
「あんた、いい色がつくれたね」「ここ失敗しちゃった」などと、賑やかで、遠慮のない言葉が飛び交う
場は、そこにいる者みんなを愉快にしてくれます。
日系ブラジル人のハルモニも、チマチョゴリをなんの違和感もなく描き、
「絵は難しいね。でも、楽しくて、面白いね」と、にこっと笑ってくれました。日系ペルー人のハルモニ
と二人に、他国の民族衣装を描かせると気を遣ったのですが、彼女たちは、在日の人たちの衣装を
美しい、見慣れたものとして、こだわりなく描きます。
ウリハッキョでは、おもしろいことが起こり、みんながいい気分になります。
 
カテゴリー: 2 ウリハッキョ タグ:
コメントは受け付けていません。