ホーム > 4 川崎の街を記録する > むくげ咲く街

むくげ咲く街

2009 年 9 月 2 日 edt01sz

mukugeむくげが咲き乱れる季節です。6月から咲き始め、10月頃まで、私たちの目を楽しませてくれる。韓国名「ムグンファ」。韓国を代表する花だ。私たちの街には、この花を日本と韓国・朝鮮の架け橋にしたいという想いで植えられた場所が3箇所ある。一つ目は、ふれあい館の周り。開館当時は、韓国の花 むくげと朝鮮民主主義人民共和国の花「つつじ(ちんだるれ)」が植え込みに並んで植わった。(その後、共和国の国の花はかわった)二つ目は、「コリアタウン実現を目指す焼肉料飲業者の会」の音頭とりで、ふれあい館近くの水門通りに、植えられた。三つ目は、桜本小学校の体育館脇に並んで植えられた。桜本小学校のふれあい教育の象徴としての想いが込められた。

 この街の共生を願う人たちのまなざしを受けて、今が見ごろのムグンファが咲く街である。

カテゴリー: 4 川崎の街を記録する タグ:
コメントは受け付けていません。