メルマガ第14号

2009 年 9 月 2 日 edt03ht

川崎在日コリアン生活文化資料館メルマガ第14号
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 川崎在日コリアン生活文化資料館 メールマガジン 第14号
 2008年1月30日(水) 資料館運営委員会メルマガ担当発行

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2006年4月、「川崎在日コリアン生活文化資料館」が開設されました。これにともない、資料館の主役であるハルモニやハラボヂたちと、資料館をオンラインで訪れる人、資料館づくりを支える人びとをつなぐコミュニケーションの手段として、メールマガジンを発行しています。
《第14号内容》
1.トラヂの会10周年記念行事予告その2
2.ハルモニ・ハラボヂの近況報告
    ・ノマルラムさんを偲んで
3.平和と歴史を考える博物館めぐり
    ・日本軍「慰安婦」歴史館(韓国京畿道広州市)
4.イベント情報
 ・在日韓人歴史資料館で連続写真展「在日・日本で老いて」
□■□ トラヂの会10周年記念行事 予告その2 □■□ 

在日高齢者交流クラブ「トラヂの会」が結成されて、今月で10年。さらなる出会いとふれあいを求めて開かれる会にかけつけましょう!

□ミニ発表会とお祝いの会□
日時:2008年2月23日(土) 13時開場 13時半開演(お祝い会は15時~)
会場:発表会=桜本小学校体育館 
   お祝い会=まちなか交流センター
入場無料
発表演目:舞踊、フラダンス、トラヂ体操、民謡とオッケチュム、劇
問合せ先:川崎市ふれあい館 電話044-276-4800

*演目の1つである扇の舞の1月23日現在練習風景レポート。ハルモニ たちには毎回の練習が、いつも新鮮です。ちょっとずつ振りを変更 したりメンバーが入れ替わったりしますが、小さなことにこだわら ない踊り手たちは何のその。本番まで新鮮な気持ちかも・・・。
□■□ ハルモニ・ハラボヂの近況報告 □■□ 

1月9日、トラヂ会の中でも先輩格のノ・マルラムさんが91歳の生涯を閉じられました。まちなか交流センターには、刺繍や書道が得意だったマルラムさんの作品や笑顔の写真など、お元気な頃の姿がたくさん残っています。資料館サイトの2006年沖縄旅行報告や資料室コーナーにも、踊ったりみんなの前で話したりした場面の数々。1月30日はトラヂ会の入り口に、遺影にお花が添えられていました。心よりご冥福をお祈りいたします。


□■□ 平和と近代史を考える博物館めぐり □■□

今回は韓国に戻って、京畿道広州市にあるナヌムの家に1998年に付設された日本軍「慰安婦」歴史館です。「ナヌムの家」とは、太平洋戦争末期に日本軍の「慰安婦」性暴力被害を受けた生存者のハルモニたちが集まり生活している場所。同館は「世界最初の性奴隷を主題とした人権博物館であり、忘れ去られていく日本の戦争犯罪行為を告発し、被害者のおばあさん達の名誉回復のため、そして子孫達に生きた歴史教育の場として活用しよう」という目的から、純粋な民間福祉により設立されたそうです(日本語版HPより)。
ここを私が訪ねたのは5年前。よく整理された展示物群の中でも特に目を奪われたのは、まるで駅のホームのベンチのような、復元された小さな木製の寝台でした。たとえば私、同行した大学生たち、姉妹。ちょっと時と場所が違えば誰もがこの上に横になる可能性があった。この狭い部屋からは逃げられなかった。そう思ったら怖かったです。

□ミニ案内□
毎日午前10時-午後5時(月曜日休館)
 
入館料
障害者・高齡者(65歳以上)無料(ビデオ上映)
小・中・高・大学生    3,000ウォン(ビデオ上映) 
一般     5,00Oウォン(ビデオ上映) 
 
交通の便がよいとはいえませんが、まずはHPをのぞいてみては。
http://www.nanum.org/jp/index.html
TEL : +82(031)768-0064(日本語ができるスタッフがいます)
 

□■□ イベント情報 □■□

在日韓人歴史資料館で連続写真展「在日・日本で老いて」第二弾は、川崎のハルモニ・ハラボヂたちを追った菊池和子さんの作品展。2月2日は菊池さんが「カメラを通して知った在日一世の哀歓」という題でお話をされるようです。詳しくは在日韓人歴史資料館HPで。
http://www.j-koreans.org/gellery/gellery3_01.html

このシリーズでは第一弾の徐英一「在日同胞一世」(~2/1)に始まり、裵昭「過去を問う」(3/25~5/17)、山口勲「アリラン峠」(2月1日まで)と写真展が続きます。第一弾を観に行ったところ、よくお会いするのハルモニの水着姿に遭遇。会場に備え付けの写真集とあわせて見るのがお勧めです。
□■管理人より■□ 

資料館サイトの2007年度バージョンアップ作業が少しずつ進められています。なかなかいっぺんにはできませんが、意欲的有志は健在です。

資料館サイトの充実と関心を持つ人の輪を広げるため、ご意見や情報提供をお待ちします。文面・お名前をメルマガ上で公開してほしくない場合は、その旨明記してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
川崎在日コリアン生活文化館メールマガジンは、メルマガ購読登録された方にお送りしています。万一間違えて届いてしまった場合や登録を解除したい方は、お手数ですが下記サイトから解除をされるか、直接管理人へご連絡ください。
http://www.halmoni-haraboji.net/mailmagazine/halmag.html
投稿およびメルマガに関するお問い合わせ、情報提供は管理人
mag-admin@halmoni-haraboji.net)までお願いします。メールマガジンについてのご意見ご要望も随時受け付けております。

◎発行者 川崎在日コリアン生活文化館メルマガ担当(管理人 橋本)
 〒210-0833 川崎市川崎区桜本1-5-6
 川崎市ふれあい館   ℡044-276-4800 fax044-287-2045
 http://www.halmoni-haraboji.net

カテゴリー: 6 メルマガ バックナンバー タグ:
コメントは受け付けていません。