ホーム > 1 トラヂ会 > これぞ多文化盆踊り! ハルモニは一流の多文化人!

これぞ多文化盆踊り! ハルモニは一流の多文化人!

2009 年 7 月 30 日 edt01sz

e5a49ae69687e58c96e79b86e8b88ae3828a-1 多文化盆踊りと銘うって、チャンゴと和太鼓を真ん中において、29日の夕方、「夜のトラヂ」を実践しました。盆おどりの師匠の川岸さんが、がんばっていくつか浴衣も準備してくれたので、初めて来て大喜びのハルモニの横に、「そんなもの着ないよ」という顔のハルモニ、私はこれよとすてきなチマチョゴリのハルモニもいる。100円屋台が並び、総勢80人のハルモニたちが、夕暮れの涼しい時間にトラヂの庭に出た。炭鉱節やら東京音頭やらかわさき音頭やらの曲に合わせ、これまでトラヂの会のときに何回か練習してきたハルモニたちが、本番とばかりに浴衣姿で踊りの輪を作った。6曲ほど踊ったところで、「韓国の民謡も流せ!」というリクエスト。「それでは、韓国の民謡を流します」とアナウンスすると、いきなり89歳のハルモニが歌いだす。盆踊りに入らなかったハルモニがオッケチュム(肩を揺らしたおどり)で入ると、浴衣姿のハルモニも、混ざって踊りだす。テープにあわせるなどということはしないので、生歌、生踊りが始まると、マイクのリレーが始まる。20年~30年前の結婚式で見られた風景だ。マイクに並ぶハルモニたち。そこへ、今度は、浴衣からハワイヤン衣装に着替えたハルモニが4人、マイクの横に待機して、e5a49ae69687e58c96e79b86e8b88ae3828a-3音楽を流せと促す。そして、コリアン民謡時間を奪い去って、フラダンスが始まる。そうすると、フラダンスのリズムに合わせて、養護学校出身の2人の青年が、学校時代、和太鼓部だったんだと和太鼓でリズムを打ち始める。これが、結構しっかりリズムをとって、フラダンスに合う。フラダンスの踊りにも、和服のハルモニが参加し踊る。さらに、ケアホームの障害のある青年たちも参加してくれているし、近所のアルコール・薬物依存の自助グループ「ロイハウス」の一団が、ビールに酔い歌い踊る盆踊りの会場に参加してくれたが、踊りの輪に入れず、離れて屋台の料理に箸をつけている。そこへかわいい浴衣姿の親子連れもやってきて「かきごおり」を求めてくれた。むちゃくちゃな多文化盆踊りは、何の演出もなく、自然に流れる。多文化は個性ある自己表現なくしてはなかなか成り立たない。ハルモニたちは、これからの多文化社会を生きる一流の多文化人であることを改めe5a49ae69687e58c96e79b86e8b88ae3828a-2て感じた。同時に、自分の単一文化人の貧しさも痛感しe5a49ae69687e58c96e79b86e8b88ae3828a-4た。

カテゴリー: 1 トラヂ会 タグ:
コメントは受け付けていません。