アーカイブ

‘2 ウリハッキョ’ カテゴリーのアーカイブ

9月15日のウリハッキョ

2009 年 9 月 20 日 edt01sz Comments off
 e382a6e383aae3838fe38383e382ade383a7e9abaae381aee6af9b-e88ab3e5ad90-2                                                                 e382a6e383aae3838fe38383e382ade383a7e9abaae381aee6af9b-e9a19ee9a086-2月一回のお絵かきの日でした。
 今回は、人の「髪の毛」を描きました。(向かい合って座った人の髪の毛を互いに描く)これが描けるようになると、人物画などが描けるようになり、描くことの喜びが広がります。「顔を描かなくても、髪の毛だけで、充分誰だかわかるので、モデルになってくれる人をよく見て、毛を一本一本描いていきましょう」との説明のあと、ハルモニたちは描き始めました。
 絵の具も使わず、ボールペンの黒一色で、ただひたすら細い毛を描くという作業に,果たしてハルモヒたちは興味を示してくれるかと心配でしたが、描き初めてみると、そんな心配は杞憂であることが分かりました。ハルモニたちは、夢中でペンを動かし、「ここをカールさせると○○さんらしくなるかな?」「ここは、毛がピンとはねてるよね」などと確認しながら楽しげに描き、さっさと仕上げました。
 完成し、壁に貼られた自分の絵を見て、満足そう!いつも、辛らつな批評をするハルモニたちの口から「いやだ!私の髪の毛こんなんじゃないよ!」と文句の声は全然なかったところからみても、描かれた方も満足だったのでしょう。
  ハルモニたちは、絵を描くことに緊張感はなくなり、おそれず、テーマに挑戦します。そんなハルモニたちの風景は、その場にいる者だけが共有できるいい雰囲気なんです。
カテゴリー: 2 ウリハッキョ タグ:

習字 私の想い

2009 年 8 月 6 日 edt01sz Comments off

e7bf92e5ad97e7a781e381aee683b3e38184-01118月4日

習字をしました。いつも、作文を書いたり、絵を描いたりして自分の想いを表現していますが、e7bf92e5ad97e7a781e381aee683b3e38184-003今回は、短い言葉で、いま思っていることを習字で書いてみました。

先日、出した暑中見舞いを受け取った日本人の友人が早速電話をくれ、字や絵を褒めてくれ、

いろいろ話が弾んで1時間ぐらい楽しいおしゃべりができたと興奮気味に話し、そのことを書いたハルモ二がいます。そして、「ハガキに、本名を書いてあったのを見て、あれは何、そうあんたの韓国の名前なの、いい名前ね、と言ってくれたんです。e7bf92e5ad97e7a781e381aee683b3e38184-009

私は親からもらった、名前を気に入っているの褒められて本当に嬉しかったんです」とも。

1枚の暑中見舞いが、ハルモニにこんなにもたくさんの喜びを運んできたことを、「よかったですね」と話しかけながら、彼女たちが人生の終盤にやっと手にしたささやかな喜びが、さらにふくらんでいくように願わずにはいられません。

写真以外の文。

文叙和     「孫たちに絵を見てもらいたいです。孫たちがたのしみに見てみてくれるとおもいます」

        「ウリハッキョへくるのがたのしみです。小さいころ学校に行ッてなかったから」

        「母さんの思いでは ぼうくうごうに入ったのをおぼいています。」

    高   「お母さんはブラジルに来て たいへんくろうしました。

   持ったこともない くわで、長い草をカルピンしました」(カルピンとは、硬い土を掘り起こすように草をぬくこと)

  「私の父さんから 沖縄料理をおしえてもらいました。

   私は 沖縄そばがだいすきです。

   お父さんは うれしかったので さみせんをひきました」

   「暑中見舞いをだしたら むこうから電話がきて「あんた 絵も字も上手くなったね」とゆわれました」      

   「この前の旅行の時 前もよこも 右も左も 緑がとても 良かった」

 

カテゴリー: 2 ウリハッキョ タグ:

ハルモニの絵 しめじ

2009 年 7 月 30 日 edt01sz Comments off
e3838fe383abe383a2e3838be381aee7b5b5e38197e38281e38198-e38286e38199e382937月28日
  「シメジ」を描きました。
  普段、おみそ汁の具にしたり、炒め物にしたり、お手ごろ価格で、気軽に食べている「シメジ」。
  シメジを描くと聞かされて、傘が重なり合って複雑なのにどうやって描くの?と、少々、緊張したハルモ二の
  顔でしたが、始めてみれば、楽しいお絵かきタイムとなりました。
  お絵かきは、今回で29回。運良く、休まず描くことができた人は、29種類の絵を描いたことになります。
  このごろでは、赤、青、黄色、の三原色と白で、自分の見たモデルの色をつくりだすのにも、慣れてきて、
  「あんた、その色いいね。どうやって作ったの?」「そこ、うまく本物そっくりに描けたね」などと、楽しい会話が
  いきかいます。
  「シメジって食べるだけで、こんなによく見たことなかったけど、可愛い形してますね」と、しっかりハルモニたち  
  に見つめられたシメシたちは、結局は、昼食のおみそ汁の具になって、ハルモニのお腹に入りました。
  終わってみれば、ハルモニのどの作品も、シメジの可愛さ、ハルモニそれぞれの個性を表現した素敵な作
  品に仕上がりました。  
カテゴリー: 2 ウリハッキョ タグ:

暑中見舞い

2009 年 7 月 30 日 edt01sz Comments off
                                                                7e3838fe383abe383a2e3838be38199e38184e3818be69a91e4b8ade8a68be8889ee38184-001s月21日
 暑中見舞いのハガキを書きました。ハガキは、6月のお絵かきのときに、ハルモニたちがそれぞれ描いた、「食べかけのスイカとアリ」を印刷したものです。日ごろお世話になっている人や、普段、会う機会のない友だちや、孫たちに、自分の描いた絵入りのハガキで書くのは、とても嬉しいことでした。「暑中お見舞いもうしあげます」という挨拶文を書いたあとは、相手の人の様子を尋ねたり、相手の人への自分の気持ちを書いたりしました。
 ハルモニたちは、年に一度の年賀状、暑中見舞いで、返事のハガキをもらったり、受け取ったとの電話をもらったりすることが、ことのほか嬉しいようで、それを楽しみに書くという人がほとんどです。
      
     
カテゴリー: 2 ウリハッキョ タグ:

test2

2009 年 6 月 24 日 admin Comments off

テストデータです

カテゴリー: 2 ウリハッキョ タグ: